FC2ブログ
気ままのまま記
気ままに初めました。気ままにやっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツのピアノ
ドイツを社会の授業とかで習うときは必ずといっていいほど覚える言葉がある。

それは「マエストロ」という言葉だと思います。
「マエストロ」。つまり職人、巨匠とか言う意味になります。本物を識り、本物を創り、本物を愛することです。

ドイツは職人、巨匠が多くいます。ピアノを作るマエストロを紹介します。

ピアノのマエストロ「ジュリアス・ペレツィーナとアルバート・ペレツィーナ兄弟」。この二人が創設した会社がペルツィーナです。
英語で書くとPerzinaとなります。間違えやすいのは「R」を「L」としたPelzinaで注意が必要です。

会社を設立した初年度は20台のピアノが製造された。 1884年にメクレンブルク大公がペレツィーナに賞を与えたことにより、その名はドイツや周辺のヨーロッパ諸国に広く知れ渡り、多くの皇族、宮廷、貴族からピアノを求められるようになりました。

そして2002年には賞を受賞した映画「戦場のピアニスト」でも使用され一流のピアノと証明されています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。